2020/09/02

- HOLD - 72`FX "Little red" Chopper

 

こちらの車両は現在商談中となりました。
(2020 9/18 )

 72`FX Chopper "Little Red"

販売中のショベル・チョッパーの在庫車両のご紹介です。

オリジナルの72年式FXスーパーグライドをベースに
純正スイングアームフレームを活かしビルドしたコンパクトなチョッパーです。



こちらはブルーグルーブにて2015年に制作をした車両です。
アメリカ中西部のミッドウエスト/インディアナ州でリペイントの
オリジナル72`FXを買付けし、輸入後にエンジン/ミッションを
フルオーバーホールし製作をした1台です。


機関系は現在も好調でグッドラニングコンディションです。


5年前の制作時とパーツ変更も一切なく
今見ても全く色褪せることも無いシンプルなスタイリングは
純正のスイングアームフレームでありながらも
コンパクトにまとまったブルーグルーブスタイルのチョッパーです。
恐らく、この先の5年、10年と時を重ねても同じように色褪せず
渋さが更に増していくのではないかと思います。


ベースとなった車両もリペイントのオリジナルスタイルのFXでしたので
機関系を含め車体を構成する骨格はフル純正パーツのマッチングです。



純正エンジンVin打刻/フレームネック打刻、
純正シリンダー/ヘッド/ロッカーカバー等は
ご来店時などに各部刻印等ご確認頂けます。

オリジナルペイントのフレームには、新車時のコーションデカールが残り
写真では確認が難しいですが、72/2=1972年2月と
アッセンブリーラインでのスタンプが入っています。


また同じくフレームのエンジンハンガー部にも、ショベルヘッドの初期~中期まで、
パンヘッド時代から続くフレームのアッセンブリー年式のスタンプとして
B2=1972年2月と刻印が確認出来ます。


オリジナルの72`FXの素材をそのまま活かした形のフロントエンド。
33.4ナローフォークは50年代にスポーツスターに装着された物に始まり
最終年式の70‘-72`に初めてフォークオイルシールが追加されました。


純正のドラムブレーキ通称”ハンバーガードラム”には
21インチリムを組み直してあります。
ブレーキシューは以前張替済、タイヤ/チューブは今回新品に交換済です。


同じくオリジナル流用の純正パーツの33.4ナロートリプルツリートップですが
パーツの性質とアルミの強度上、センター部にクラックが入ってしまう物も多いですが
こちらは、クラックも無い状態をキープしています。
分割のライザーやステンレスのライザーカバーも純正パーツとなります。


続きましてロワーツリーですが、こちらも72`FX純正パーツですので
ビッグツインオンリーのハンドルロックとストッパーが装着されています。
チョッパー等ではアイアンヘッドのツリーを流用し取りつける事も多いですが
その場合、このハンドルロック等が後付け加工され、ネックのステムも
7/8インチから1インチへ打ち替え等されている物も多く、
こちらのビッグツインモデルのツリーは71`-72`オンリーとなりますので
今日では意外にレアなパーツとなっております。



また、ビッグツインで純正ドラムブレーキが最終年式となる72年式ですが、
ラウンドスイングアームと共に、すっきりとしたリア周りには
純正のミッドスターハブに18インチリムをセットアップしてあります。
この後の年式のショベルヘッドに、このセットアップを組む事も
多いですが、やはり違和感なく自然と馴染むのは
純正ドラムブレーキ年式の72年式までではないでしょうか。

純正のショックはリジッドバーへと変換され、
1957年までの純正リジッドフレームと同等の車体の低さとなり
シートポジションも足付きも非常に良いです。

オイルタンクはパンヘッド純正のホースシューをマウントしています。



続きましてはレフトサイドになります。
ジョッキーシフト/スーサイドクラッチ、オープンベルトの仕様です。

一度扱いに慣れてしまえばシンプルな操作性を持ち
エレクトリックスターターやプライマリーカバーが無い分
車体はライトウェイトとなりチョッパーならではのライディングが
十分に楽しめます。

ジョッキーシフトが初めての方も、ご納車前に十分な練習走行など
お付き合いさせて頂きます。



ハンドル回りのセットアップも
1960年代半ばのスタイルでドッグボーンライザーはフランダーズ
ヘッドライトはサイドマウントの60年代のベイツ製です。



リアブレーキも72年の純正ベンディックス油圧ドラムを使用。
テールレンズは1950年代のシボレーのピックアップの物を流用し
サイドマウントとなっています。


各部のディテールの最後には、こちらを紹介させて頂きます。
こちらのチョッパーを象徴するパーツの一つであり
ネーミング "Little Red" の由来にもなった1960年代中期の
純正ハマーガスタンク/オリジナルペイントです。

その他の細かなパーツ構成も60年代中期の物から、
この1972年までの物で固めていますので、その時代のパーツ構成や
チョッパーカルチャーの背景を照らし合わせても
違和感なくフィットしています。


大変有難い事に、以前のオーナー様も大切に乗られておりました。
今回下取りで入荷致しましたが、前オーナー様は
今回もブルーグルーブのチョッパーへのお乗換となります。


始めの制作から5年の月日が経過しておりますので
車体全体の整備などしっかりと行い、今回ご納車させて頂きます。


以下が予定している今回の納車整備内容です。

・エンジン/ヘッドを降ろし、ロッカーボックス廻りガスケット一式交換
タペットブロックガスケット交換、タペット調整
タペットローラー点検、点火時期調整、キャブレターO/H,調整
インテークマニフォールドOリング交換、2次エアー漏れ点検
前後ブレーキ、リアマスターシリンダーO/H,フルード交換
配線一部修正、バッテリー交換、発電系点検、その他一般納車整備。
車検2年付き。



ご興味ある方は、こちらまでお問い合わせ下さいませ。


BLUE GROOVE

info@blue-groove.com
0467-38-7080


*ご来店ご希望の方は、ご来店のご予約をお願い致します*

2.9%クレジット(最長150回)や遠方のお客様へのご納車や、
その後の継続的なメンテナンスに関して等もお問い合わせ下さい。
皆様のお問い合わせをお待ちいたしております。

BLUE GROOVE
〒247-0064
神奈川県鎌倉市寺分214-104


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブルーグルーブではLINEで動画などをお送りするサービスを開始いたしました。

車両ご購入ご検討の方に、詳細な画像や動画をリアルタイムでお送り致します。

ご希望の方は、インスタグラム/bgtakaのダイレクトメッセージか
info@blue-groove.comまでLINE IDをお伝えください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*BLUE GROOVEオリジナルのビンテージハーレークレジット
2.9%  150回払いをご用意しております。
*ローン事前審査はご来店時やメールなどで受付可能です。
(事前審査申し込み前確認がございます)
*遠方のお客様もメールとお電話にて審査申し込みが可能です。
*現在お乗りの車両の下取りが可能です。
*下取り車両は全国どこでもお引き取りが可能です。
*全国の皆様へご納車させて頂きます。
*納車時にエンジン始動や、各取り扱い方法などレクチャーさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*BLUE GROOVE メカニック/スタッフ募集

ブルーグルーブで世界レベルのビンテージハーレーに携わる
お仕事を一緒にしませんか?
`好きな事`で生きていける世界です。
興味のある方はお問い合わせ下さい。

ブルーグルーブではビンテージハーレーのメカニック/整備士/スタッフを募集しております。
詳細はショップまでお問い合わせ下さい。

info@blue-groove.com / 0467-38-7080 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



0 件のコメント:

コメントを投稿