2020/08/02

- SOLD - 70`Shovelhead Chopper



こちらの車両は売約済となりました。
(2020 8 /2)

今回の70`ショベル・チョッパーは、
ブルーグルーブのローカルエリアの
お客様へ納めさせて頂く事に成りました。

約20年ぶりのショベル復活との事で

こちらの70`ショベルチョッパーを選んで頂きました。
本当に素材の良い1台ですので、この後の仕上がりまでも
ディテールに拘ったスモールパーツ等使い組み上げていきたいと思います。
A様この度はご成約誠に有難うございました。
  



以前も少しご紹介させて頂きました
現在ビルドを進めている70‘ショベルチョッパーの
販売車両のご紹介です。

フルマッチングのコンディション良い
ショベルヘッド初年度/1970年式のモーターに
今回は貴重な48年パンヘッド後期の純正ウィシュボーンフレームを骨格とする
オールドスクールチョッパーを制作して行きます。

完成前となりますがフレームに載る前に
エンジン等各部のディテール等撮影出来る良い機会ですので
ご紹介させて頂きたいと思います。



こちらの純正フレーム。本来はパンヘッドのプロジェクトに
使用する様な大変貴重な物ですが、今回は非常にコンディション良い
ショベルヘッド初年度の70年式モーターと合わせ、この1台を組み上げていきます。

フレームは既に主要部分の各部修正を行い、
ショベルモーターのマウントを可能にするための
クリアランス等をクリアーする作業などを終えております。

ブルーグルーブでは純正リジッドフレームの専用修正治具を完備しており
コンプリートでレストアや制作を行う車両はフレーム1本1本
必ず芯出しや修正/補修、各部の点検確認を行い、エンジンをマウントする際は
シム調整などの作業工程を必ず行っております。


こちらのフレームは、それまでのダウンチューブが
"ストレートレッグ"であったナックルヘッドのシェイプとは異なった
"ウィッシュボーン"フレームとなり、パイプ径や各部の強度が増した
パンヘッド初年度の1948年後期のフレームとなります。

それらはリアアクスルプレート、シートポスト、F/Rモーターマウント等で
各純正刻印が確認出来ますので、Newオーナー様には資料と共に年式の
ご確認をして頂けます。


こちらの70年式 ショベルヘッドエンジン。
それまでの66`~ 69`にリリースされたアーリーショベルモーターには
ナックルヘッドより続くジェネレーターケースが使われていましたが
ショベルヘッドとなり、発電方式はジェネレーターよりオルタネーターへ
また、ディストリビューターに替わる点火方式など大きな改革が行われ
新たなモデルとして登場した初年度のショベルモーターです。
その随所に70年代中期以降と異なる初期型ならではのショベルヘッドの
仕様が存在します。


レフトケースにはそれまでのモデルでVinナンバーが打たれていた
ナンバーボスがナンバー無しのまま残ります。こちらは71年式まで残っています。


コンディションの良さを確認出来るフロント側ケースの画像ですが
Vinナンバーはそれまでのレフトケースより右側へと移設します。
こちらも打ちかえ無しの当時の工場出荷のままの純正番号となります。

ここで各ナンバーの簡単な識別ですが
最後のH0が1970年式を表し(71年はH1となる)
始めの1AはFLまたはFLPとなり
然程がポリスバイクとなります。

ベースとなった車両は以前のブログに掲載をした
アメリカ東部のペンシルバニア州で買い付けを行った
オリジナルスタイルのFLHでしたので、
エンジン各部のコンディションの良さ等より判断をすると
当時のポリスバイクではないかと推測をします。


また1970年式のビッグツインの生産台数は1984年までの
ショベルヘッド史上一番生産台数が少ない年式となっています。

H-D公式データブックより1970年のビッグツインの生産台数は
7615台となりXLより少ない数字となっています(XLは8560台)
そして1965年の最終年式のパンヘッドや66年~67年の
アーリーショベルよりも生産台数が少なく
(1965年最終パンヘッドからショベルヘッドの開発を見越した
ケースや各パーツの生産在庫調整もあったのであろうと思います)
それは日本でもあまり見聞きする年式では無いと言う事が頷けます。


その他、エンジン各部のディテールをご紹介して行きます。



前後のロッカーボックスも工場出荷のままのアルミ地の状態で
純正の66品番が確認出来ます。




前後ヘッドも同じく66品番です。




各シリンダーも66品番でフル純正のマッチングモーターとなり
ヘッド/シリンダーを含めフィン欠け等1か所も無い状態です。

余談となりますが、この"フィン欠け"とは様々な要素で
起こり得る損傷ですが、生産から50年以上経過した
ビンテージハーレーとなれば、必ずある様な物です。

その理由は例えば、転倒によるアクシデント
修理中の分解時の損傷、工具のかけ違いによる損傷など...
あくまでも私共のプロフェッショナルとしての目線ですが
それらが全く無いビンテージ車両はやはりコンディションの良い場合が多く、
工場出荷のままのコンディションをキープしている物であれば、過去に無理な修理や
修理時に起こったであろう二次損傷等の可能性を追っているリスクも少なく
それは実際にリビルドをして行く実作業段階で作業時間や作業工程に
大きく影響してきます。

私共がアメリカで買い付けをする際など各純正打刻の番号に始まり
各ボルトの工具当たり面の形跡や、エンジンナット/ボルト等が
純正から変わっているか、使われているガスケットは、いつ頃の時代の物か等の
目視で確認出来る作業も一つの判断材料として用いる有効な判断基準となります。




こちらが良く耳にするマッチングナンバーとなります。
左右マッチしておりクランクケースの下回り等も修理や溶接跡などは
一切無いコンディション良いケースです。

また、こちらも余談ですが、当時ケースに損傷があった場合等
他年式を用いて修理などが行われている場合も多く
ショベルヘッドもそれ以前のモデルと同様に、その長い歴史の中でケースやカムカバーの
オイルラインやパーツ変更などもあり、ケースや各パーツのマッチングには
注意が必要な場合もあり、こちらも私どもが買い付けをする際などに
用いる一つの判断材料となっています。


続いてはトランスミッションです。
通常ポリスモデルはキックスタートが装着されておりませんので
こちらは新たに当時の純正のキッカーカバーを使い、キッカーギアなどの
メンテナンスを行い装着いたしました。



トランスミッションボディー裏側の写真です。
65品番の純正ケースはクラックや修正跡など一切無く
ドレンボルトもスタンダードサイズとなっており
こちらもエンジンと同様に非常にコンディション良い状態です。




その他、車体を構成するパーツで現在確定している物です。

フロント周りは33.4ナローフォーク
70年式にマッチするシール付のボトムケースに
インナーチューブはストックレングスもしくは
+4インチオーバーの装着を予定しています。

フロントのリムは新たに21インチを純正のハンバーガードラムに
組み換え/バランシングを行いました。
リアホイールはスターハブ/18インチ
メカニカルドラムブレーキのセットアップとなり
ブレーキシューの張替や前後Newタイヤを装着します。



ガスタンクは、こちらの48`~の初期型の
オールドペイントの純正ハマータンクを使用する予定です。
イグニッションキーはこのポジションを活かし使用します。






組み上げまでには、もう少し時間を要しますが
ここまで素材が良くキャラクターの揃った
ショベル・チョッパーも今後中々出てこないのでは思います。

機関系は既にエンジンの始動を行い
十分な暖気後に現状のコンディションを把握済です。
今回はフルオーバーホール等を実施する必要は
特にありませんので必要箇所と懸念箇所のみリペア/リビルドを行います。







登録は輸入新規3年車検となり新たなオーナー様は
日本でファーストオーナーとなります。

ショベルヘッドのチョッパーを探されている方の中でも
ベストな素材を使ったと言える1台です。






ブルーグルーブのビンテージハーレークレジットは
ハーレー正規ディーラーよりも低金利の
全国唯一2.9% 最大150回までのご利用が可能です。

皆様よりのお問い合わせお待ちいたしております。

BLUE GROOVE

info@blue-groove.com
0467-38-7080


*ご来店ご希望の方は、ご来店のご予約をお願い致します*

2.9%クレジット(最長150回)や遠方のお客様へのご納車や、
その後の継続的なメンテナンスに関して等もお問い合わせ下さい。
皆様のお問い合わせをお待ちいたしております。

BLUE GROOVE
〒247-0064
神奈川県鎌倉市寺分214-104



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブルーグルーブではLINEで動画などをお送りするサービスを開始いたしました。

車両ご購入ご検討の方に、詳細な画像や動画をリアルタイムでお送り致します。

ご希望の方は、インスタグラム/bgtakaのダイレクトメッセージか
info@blue-groove.comまでLINE IDをお伝えください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*BLUE GROOVEオリジナルのビンテージハーレークレジット
2.9%  150回払いをご用意しております。
*ローン事前審査はご来店時やメールなどで受付可能です。
(事前審査申し込み前確認がございます)
*遠方のお客様もメールとお電話にて審査申し込みが可能です。
*現在お乗りの車両の下取りが可能です。
*下取り車両は全国どこでもお引き取りが可能です。
*全国の皆様へご納車させて頂きます。
*納車時にエンジン始動や、各取り扱い方法などレクチャーさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*BLUE GROOVE メカニック/スタッフ募集

ブルーグルーブで世界レベルのビンテージハーレーに携わる
お仕事を一緒にしませんか?
`好きな事`で生きていける世界です。
興味のある方はお問い合わせ下さい。

ブルーグルーブではビンテージハーレーのメカニック/整備士/スタッフを募集しております。
詳細はショップまでお問い合わせ下さい。

info@blue-groove.com / 0467-38-7080 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿